読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

switch9’s blog

地球のみなさん、こんにちは

今日はサービスエリアの食堂にひとこと言いたい

旅行

 時間がないので簡潔に言いますけどね、最近のサービスエリアの食堂、ちょっと違う方向に努力してませんか。違うんすよ、そういう感じじゃないんですと声を大にして言いたい。

 

 サービスエリアの食事なんてものは、高速道路を長時間長距離移動せざるを得ない状況に置かれたドライバーが、仕方なしに「まあサービスエリアでなんか食うとくか」と思ったときに食うものであって、早い安い美味い、そして普通。それがサービスエリアの食事ってもんなんですよ。

 

 ところが最近、妙に気合入れちゃってーの、有名店とか人気店とか誘致してしまう、ネームバリューに頼る経営方針、そのせいで値段が上がって、その割に量が少ないし、客が集中して待たされるわ、全然ダメです。普通のメシを食わせろ。

 

 あと、それに感化されてしまったのか、中堅クラスの規模のサービスエリアも、気合とこだわりが空回りして、妙ちくりんな新メニューを投入しすぎやのです。

 こないだ、岐阜のとあるサービスエリアに行った時も(私は非常に空腹であった)、メニューを見たら、「鶏ちゃん唐揚げ定食」っていうのがあって、努力しているのはわかる。わかるけど、けどもや、そのひとひねりはいらんねん。サービスエリアの定食にそのひとひねりはいらん。地元の郷土料理を提供してくれるのは嬉しい、けど、とりあえず鶏ちゃんでええやないか、なんで唐揚げにしてしまうんや。唐揚げにしてしまうのはまだ良しとしよ、それやったら、「鶏ちゃん定食」と「鶏ちゃん唐揚げ定食」の、どうして両方をラインナップしてくへんのや。唐揚げは好きやけど、ちがうんや、そういうことや無い、ということを食堂のおばちゃんの皆々様はご理解いただけると嬉しいです。

 

 あと、「地鶏カレー」、ネーミングのウマそうさに負けて、思わず注文したけど、まんまレトルトで、あの量で、800円はないやろ。全然腹ふくらまへんよ、あれでは。満足できずにあとからスーパーで「鶏肉と春野菜の甘酢がけ弁当」398円を買ってしまったよ。

 

 って、鶏ばっかりやないかい。