読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

switch9’s blog

地球のみなさん、こんにちは

好きなものと好きなものは好きなもので繋がっている、という話 (Grizzly Bear / Jack Scott)

 本日の1曲はJack ScottのGrizzly Bearです。

 

 Grizzly Bearっていうバンドがいてまして、その曲をちょっと聞きたいなと思って検索したんですね。そしたら、Grizzly Bearっていう名前の曲が検索結果の最初に表示されて。普通ならスクロールしてお目当ての曲を探すんですけど、なんかその時は魔が差したというか、ありきたりの日常に句読点を打ちたかったというか、全然知らないそのGrizzly Bearっていう曲を聞いてみたんです。

 そしたら、なんか妙にいい感じの曲で、探してたGrizzly Bearとは違うけど、今の気分ならこっちのGrizzly Bearでも良いかなあとか思って。でも全然知らない曲なので、この歌ってるJack Scottってどんな人なんだろうって検索してみたら、カナダでは結構有名なロカビリー歌手らしくって。アメリカにプレスリーあり、カナダにジャック・スコットあり、みたいな、ロカビリー業界じゃ名の通った人だって、その時知ったんですけど。

 

 で、なんか気になって、検索結果に表示されてる、Jack Scottに関連のある曲をいくつか聞いてみたらどれもいい感じなんですよね。個人的な好みの曲が多い。おそらくロカビリーの古典的な有名な曲が多いんでしょうけど。ロカビリー音楽って今まで生きてきた中で全然聞いたことなくて、興味もなかったんですけど、なぜかロカビリーが耳に馴染む。すごく不思議なんですよね。革ジャンも持ってないのに。

 

 好きなものって、だいたい他の好きなものと何かしらつながってるんですよね。例えば、好きな映画があって、その監督の別の作品を見て、やっぱり面白いなって思って、出演してて気になった俳優の他の出演作も見てまた好きになって、この映画は音楽がいいなと思って、音楽を監修してた人を調べたら、自分が前から好きだったレコードレーベルと関係があった、みたな感じのつながりってどんなジャンルにも当てはまってるんですよね。全然違うモノやコトに興味を持ったとしても、ずんずん知っていくと、いつかどこかで好きだった他のコトとつながってることを発見して、それってすごく面白いなと思うんですよね、無意識のうちに関係性を見抜いてるっていうのが。審美眼、っていうのかな、ちょっと違うか。ともかく何かしらのつながりがそこに現れる。

 

 ところがですね、ロカビリーに関しては、全然その感じがなくて。他の好きな音楽とも畑が違うし、ファッションとか芸術とか、興味のあることともなんのつながりも見いだせなくて。なんかまるで孤児というか、離れ小島みたいな存在で。

 

 これから生きていく中でさらにいろんなことを好きになったり興味持ったりしてるうちに、この絶海の孤島ロカビリー島に渡る橋をかけられる島が見つかるのかなあとか思ったりしてて、人生の楽しみがひとつ増えた気分です。

 


Jack Scott-Grizzly Bear

 

The Very Best Of Jack Scott [Import]

The Very Best Of Jack Scott [Import]