読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

switch9’s blog

地球のみなさん、こんにちは

峠の食堂はだいたい潰れてる、という話 (Don't Stop Me Now / Queen)

 本日の1曲は、QueenのDon't Stop Me Nowです。

 クルマで移動してるとですね、ちょっと田舎のほうの峠道なんか行くと、峠の途中辺り、途中っていうよりも入り口ぐらいかな、登りはじめのあたり。そのあたりによく潰れた食堂あるの見かけませんか。よくあるんですよ。食堂とか喫茶店とかラーメン屋とか。店はあってもだいたい潰れてるの。あれ、なんであんなとこに店出しちゃったんだろうって毎回見かける度に不思議に思うんですよね。

 田舎のあんな立地でうまくいくわけないんですよ、常識的に考えて。誰だってそう思うような場所なのになぜか店出しちゃう。で、ほぼみんな潰れて店舗が廃墟になってる。

 だって、大人2,3人ぐらいの生活賄っていけるぐらい儲けようと思ったら、相当な数のお客さんこないとダメですからね。1日5組限定の高級旅館経営してんじゃないんだよ。日替わり定食500円の大衆食堂なんですから。人、来ないとどうしようもないのに峠の中腹っていう。昔ってか、かなり大昔は成り立ってたのかなあ。高速道路ないような時代は。今は無理でしょうに。いやあのね、わたし、田舎をバカにしてるんじゃないですよ、田舎でも駅前とかじゃなくてなんでよりによって、あんなとこにって、ほんと思うんですね。

 

 多分なんですけど、「自分だけはうまくいく」みたいな全っ然、なーんの根拠のない自信で店出しちゃうんでしょうね、そういう人いるんですよね。ラーメン屋やるにしても、そんなに何かしらのこだわりがあるわけでもなくて。修行とかしてなくて、自己流で店出しちゃう感じで。醤油ラーメンだけだったのが売れなくて味噌もやって、塩もやって。ポリシーはないのかよ。みたいな。でも自信だけはなぜかあるっていう。

 なーんでそれを、周りの人、止めなかったんだろうなあって。誰かがガツンと言って説得できなかったのかなあって。なんかもうああいう潰れた飲食店見ると、その人と周りの人の人生を想像しちゃて、ツラくなってきますね。ツラさ3割、苦笑い7割ぐらいの配分で。潰れた店のそれぞれに違う人生があって、店出した理由はあるはずなんですよね。それを深く掘り下げていくみたいな、そういうドキュメンタリーあったら。いやー、たぶん誰も見ないだろうなあ。わかんないけど。

 


Queen - Don't Stop Me Now (Official Video)

はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)

はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)