読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

switch9’s blog

地球のみなさん、こんにちは

実験的企画「本日の1曲」終了のお知らせ

 「本日の1曲」は昨日のエントリーをもって終了しました。正体不明の企画を日々読んでくださった皆様、ありがとうございました。

 この企画は、ネット上に氾濫するYouTuberの一人語りや、同じくネットに広く存在する、テレビ・ラジオ・インタビューなどの書き起こしに対して受け手が持つ、根拠のない信憑性と信頼感を、虚構の人物に現実の出来事や音楽について語らせることで、文章に付与できるのではないかという考えからスタートしました(その事は隠していましたが)。全26本の「本日の1曲」に書かれていることはは私の意見でありかつ私の意見ではありません。内容の8割は真実であり、2割は虚構です。もしくは、2割は真実であり、8割は虚構です。それは9:1かもしれないし、6:4かもしれません。

 この約1ヶ月間、虚構の人物に現実を語らせているうちに、虚構が現実を取り入れ、また現実である私が虚構を受け入れ、それが虚構なのかあるいは現実なのか、虚構が語っていることは事実なのか、あるいは事実のふりをした作り話なのか。そのせめぎ合いを経験できたことは非常に有益であり、貴重な経験でした。

 最初は、虚構に語らせることで逆説的に現実感や信憑性を文章に付帯させることを狙っていたはずなのに、いつの頃からか、現実である私が書く文章が、虚構であることの制約にとらわれはじめ、書きたいことがあったとしても、私自身の考えが前面に出てしまうことをあえて抑えねばならず、徐々に出来上がっていく虚構の語り手の自我を尊重した形での文体に従わなくてはならなくなっていくことの怖さが芽生え始め、それでいて私が書いている文章であることの主張は維持しなくてはならない、その難しさを知りました。はっきり言って、こんな大変なことをなんの報酬もなく、たんなる趣味で、たった1ヶ月弱ではありますが、やってみて得たげっそり感。それが脳みそと体の芯に染み付いている今は、自分の意見を自由に(至極当然なことなのだけれど)書けるこれから先はなんて気楽なんだ、やりたい放題できるぞ馬鹿野郎という気持ちで明日からの未来が輝いて見えています。美爽煌茶のCMのおばはんがいう「すっきり」、あるいは孫悟空が道着と靴を脱いだあとの「軽くなった」が今の私には自分のこととしてありありと十二分に理解できます。

 明日からのこのブログは、普通の文体で、私自身が言いたいことを、自由に書きます。虚構の語り手は今ここに消滅しました。

広告を非表示にする