読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

switch9’s blog

地球のみなさん、こんにちは

空から何かが落ちてきて

雑文

f:id:switch9:20161215212904j:plain

 空から何か大きな物が落ちてくる様子を最初から最後まで眺めることが人生で一度ぐらいあってもいいと思っているが、今のところのその機会に出くわしていない。ジャンボジェット機でも軽飛行機でも、熱気球、隕石、人工衛星スペースシャトルの残骸などでもよくて、サムシングビッグいやイノーマスが向こうの方に落ちていく一部始終をぼーっと眺めたい。

 人の命をなんと心得るかと叱られるかもしれないが、巨大なものが空から落ちてくるということを求めているのであって、別に飛行機に誰かが乗っている必要はない。周辺が破壊されることも結果論でしかない。

 多分空は想像よりも高いから、何かが落ちて来ていることに気づいても、それはゆっくりとなかなか近づいてこずにただ空に浮かんでいるように見えるのだろうか。やがて黒い点は徐々に大きくなって、やべーあれジャンボジェットじゃんアナじゃんジャルじゃんピーチじゃん。主翼がーと気づいて。それでもゆっくりと落ちてくるようにみえるのだろうか。やっぱり近づいてきたら、ものすごい勢いで空からジャンボジェットが落ちてくるんだろうか。それを逃げなくてもいいぐらいの快適な距離で落ちていく巨大な何かを眺めていたい。落下物に気づいた隣のおっさんとのんびりと状況を語り合いたい。あー落ちていきますね。ボーイングでしょうかね。もうすぐ地面に。おーやっぱりでかい音が。爆風来るんじゃないですか。あの倉庫の陰に行ったほうが。大丈夫でしょう。そうですか。もうちょっと見ていたいですし。

  

広告を非表示にする