switch9’s blog

地球のみなさん、こんにちは

発注の仕方がわからない

f:id:switch9:20170104185540j:plain

  バスに乗るたびに、シートの柄(がら)のことが気になる。バスのシートの柄はどれも個性的でバスのシートの柄っぽいデザインを他所で見ることがほとんどないからだ。80年代的でもあるがそこまで時代を遡ってしまっているような古臭さはない。現代の公共交通機関として受け入れられる親しみやすさがある。

 凝視してみると、生地は織物なので絵柄の解像度は低い。また、使用している色数は決して多くない。きっと織機で同時に使える糸の種類に制限があるのだろう。にも関わらず、その少ない色数をビビットあるいはファンシーな青や水色や黄緑やピンクで使い切っている。心落ち着くブラウンや淡いベージュへの未練を感じさせない潔さ。荒いドットとインパクトのあるカラーパレットの組み合わせは、ここ数年来の流行であったヴェイパーウェーヴムーブメントすら想起させるような8ビットあるいは16ビットの幾何学世界。それでいてアバンギャルドに陥らずに、日々、老若男女の乗客を受け入れる(そして受け入れられる)のがバスのシートの柄である。

 そもそも、どうやって発注するのだろうか。発注の仕方が分からない。タータンチェックやブラックウォッチなどとはかけ離れたこの柄の事をテキスタイルデザイナーに対して言葉で説明ができない。そもそもデザインが本職でない発注元のバス会社の人はどう頑張ってもこんな柄をイメージできない。できたとしたら尋常ではない。

「黄色い長方形がピンクの長方形の上に重なってて、それが3つぐらいで大体正方形の形になって。ええ、それの緑とピンク版もあって。そうなんです。緑とピンク版の方は深緑の部分もあるんです。正方形は所々壊れてるんですよ。後ろは細かい水玉の上に斜めの細い線がいっぱい走ってて…」

 もはや人には見えないものが見える心のビョーキを患ったか、あるいはよくないクスリに手を出してしまったか、小さいアフリカゾウが部屋を歩いている人のうわ言である。

 そんな心労をバス会社の人に負担させずにしかししっかりと要望を聞き入れ、安易な無地にはせず、バスのシートの柄という共通認識の範疇に収まりつつも、それぞれのバス会社の個性と乗客の居心地の良さや視認性の高さをクリアする、そんなバスのシートの柄のテキスタイルデザイナーを私は尊敬してならない。だから今日もバスのシートの柄が気になる。

3.5Km直進すれば

f:id:switch9:20161217153540j:plain

 見ての通りである。

 レク都市(孫太郎)。英語で書くとRec-City-Park Magotaro。わからない。わかれない。I can not understand at all。何ひとつ理解への手がかりがない。

 伝えようとしている情報の輪郭はわかる。ここから3.5Km直進すればレク都市(孫太郎)にたどり着けるのだ。でも、レク都市が何かわからない。レクはレクリエーションの略なのだろうか。だとしてレクリエーション都市とは何なのだろうか。都市というぐらいだから、高層ビルや高層マンションが林立するメトロポリス的光景を想像するが、いかんせんここは山の中だ。木が多い。そんなところに摩天楼が突如現出する可能性は低い。なんなのだよいったい。

 さらに孫太郎が続く。もう手に負えない。孫太郎。マ・ゴ・タ・ロ・ウ。人名だろうか。孫太郎氏が開拓した街があるのだろうか。だとしてもわざわざ地名の後ろにカッコ人名などしないのではないか。大阪市豊臣秀吉)。仙台市伊達政宗)。そんな看板見たことない。もし、この文字列にPPAP(ピコ太郎)的展開を当てはめるならレク都市は曲名であり、孫太郎は歌手だ。しかしこれは道路案内である。ビルボードトップ100ではない。

 でもね、別にいいのである。この案内を必要とするのはレク都市(孫太郎)に行きたい人だけなのだから。レク都市(孫太郎)に行きたい人はレク都市(孫太郎)が何かをもう知っているのである。然るに「レク都市ね。孫太郎でしょ」と分かる人にはこの案内がなくてもレク都市(孫太郎)に行けるのではないか。だってもう3.5Kmしか離れていない。2マイル強だ。もはや目と鼻の先だ。ここまで来れたのなら、もう辿り着いたも同じである。だとしたら、この標識は誰に向かって3.5Km先のレク都市(孫太郎)を案内しているのだろうか。

「本日の1曲」の成果

 今朝、NHKラジオ第一のすっぴんのオープニングトークで高橋源一郎が、BBCがGod Save The Queenを放送した出来事について語っていた。1ヶ月前にこのブログの実験的企画「本日の1曲」で取り上げたあのニュースだ。

switch9.hateblo.jp

 虚構のラジオパーソナリティに語らせたテーマを現実のラジオパーソナリティが一ヶ月遅れで語る。それを聞くのは妙な気分だった。虚構に現実が追いついた瞬間だった。トランプ氏のニュースと絡ませてはいなかったけど、この際そんなことはどうでもいいことなのだ。いや、ほんと「本日の1曲」をやってみてよかった。ここがひとつのゴールだから。

空から何かが落ちてきて

f:id:switch9:20161215212904j:plain

 空から何か大きな物が落ちてくる様子を最初から最後まで眺めることが人生で一度ぐらいあってもいいと思っているが、今のところのその機会に出くわしていない。ジャンボジェット機でも軽飛行機でも、熱気球、隕石、人工衛星スペースシャトルの残骸などでもよくて、サムシングビッグいやイノーマスが向こうの方に落ちていく一部始終をぼーっと眺めたい。

 人の命をなんと心得るかと叱られるかもしれないが、巨大なものが空から落ちてくるということを求めているのであって、別に飛行機に誰かが乗っている必要はない。周辺が破壊されることも結果論でしかない。

 多分空は想像よりも高いから、何かが落ちて来ていることに気づいても、それはゆっくりとなかなか近づいてこずにただ空に浮かんでいるように見えるのだろうか。やがて黒い点は徐々に大きくなって、やべーあれジャンボジェットじゃんアナじゃんジャルじゃんピーチじゃん。主翼がーと気づいて。それでもゆっくりと落ちてくるようにみえるのだろうか。やっぱり近づいてきたら、ものすごい勢いで空からジャンボジェットが落ちてくるんだろうか。それを逃げなくてもいいぐらいの快適な距離で落ちていく巨大な何かを眺めていたい。落下物に気づいた隣のおっさんとのんびりと状況を語り合いたい。あー落ちていきますね。ボーイングでしょうかね。もうすぐ地面に。おーやっぱりでかい音が。爆風来るんじゃないですか。あの倉庫の陰に行ったほうが。大丈夫でしょう。そうですか。もうちょっと見ていたいですし。

  

自動でやってほしい

f:id:switch9:20161214211311j:plain

 1年365日、街灯は夜になると勝手に明かりが灯る。あれは、暗くなったらオン、明るくなったらオフ、を自動でやってくれるデイライトというセンサーがついているからである。あの機械のおかげで街灯点灯業という虚しい職業とそれに従事させられるワーキングプアがこの世に存在せずに済んでいるのである。デイライトは偉大である。

 だから、機械よ、寒くなったら物置からストーブを出す。最寄り駅が近づいてきたら寝ている乗客を起こす。シャンプーがシュコシュコし始めたら徳用詰め替えを購入する。こたつで寝そうになったら布団へ運ぶ。菓子パンの応募シールをはがきに貼る。などという日々の些事を、デイライトを見倣って、自動的にやってくれないだろうか。もちろん、春になったらストーブを物置に戻して代わりに扇風機を出すまでやってほしい。ピロリロリロリと音がなったら、灯油も自動でなんとかならないだろうか。寒いのだ。明日は雪が降るとか言ってるし。

割高なガソリンスタンド

f:id:switch9:20161213211305j:plain

 雨の夜。

 普段、クルマを走らせていると、割高なガソリンスタンドを見かけることがある。周辺のガソリンスタンドよりも10円以上も高いので、常識で考えると、ドライバーはみんな、よそのガソリンスタンドを選びそうなものなのに、なぜか客が入っている。ぽつぽつではない。まあまあ普通に入っている。はてと理由を考えてみるが思いつかない。実はものすごい高性能な、燃費や馬力が倍になるようなガソリンを入れてくれるのではないか。あるいは、表示している価格はダミーで本当は50円ぐらい安いのではないか。安いのなら、隠さずにそのまま表示するだろうから、そんなこともない。しがらみ的なことなのか。もしかして給油と一緒になにかプレゼントしてくれるのではないか。こっそりと法律ギリギリな何か脱法的なサービス品ををくれるガソリンスタンド。頭がおかしくなってきた。給油はともかく洗車がものすごい上手なのではないか。だったら洗車コーナーだけが繁盛しているからそれも違うか。

 別の観点から、たとえば、宝くじを買うとして、10億円狙いで確率はメチャクチャ低いけれどもジャンボ宝くじを買い続ける夢追い人もいれば、今日の煙草銭が手に入れば御の字とスクラッチくじを好む現実主義者もいる。もっとも現実主義者は宝くじを買わないね。それはともかく。あの割高なガソリンスタンドの経営者は前者のようなタイプの人で、確率は低くとも、値段を確認せずに入店してくるうっかりさんや、割高なのには何か理由があるはずだきっと不思議な贈り物をくれるに違いないと思い込んでやってる阿呆から売上を大きく稼ごうと狙うハイリスクな経営でハイリターンを得るわずかな可能性にかけているのかもしれない。

 実際のところよくわからない。

11月29日

 11月29日には貫禄がある。6月13日や12月7日にはない貫禄だ。

 まず、見た目のずっしり感がある。そして数の大きさもある。しかし数字の大きさだけではない。数の大きさだけを比べるなら12月30日は11月29日よりも貫禄があるはずだが、見た途端に分かるように、12月30日などまるで貫禄に欠ける。薄っぺらく紙一枚のようだ。

 祝日、たとえば2月11日や5月5日には他の日とは違う貫禄があるが、11月29日にはそれと同じような貫禄がある。11月29日は祝日ではないにも関わらず、祝日と遜色ない貫禄がある。祝日が持つ貫禄は祝日であることに少なからず頼っているがあるが、祝日でない11月29日がそれらに劣らぬ貫禄を有することは注目に値する。むしろ、11月29日が祝日でないことが不思議にすら思えてくる。貫禄があるということを理由に11月29日を祝日にしてもよいのではないかと思えるほどである。